エディです。

プロフィールでお話ししていますが、私はアフィリエイトで稼げるようになる前に物販をやっていました。

物販にもジャンルはありますが、ヤフオクやAmazon欧米輸入転売などいくつか挑戦しています。
どれも大損こそしませんでしたが、稼ぎと言えるような収益は得られなかったのです。

ネットビジネスは外注を活用すべき理由

でも、中国輸入転売だけは成果を出すことができたのですが、きっかけは外注化です。
(今は転売をやっていません。気になる人はプロフィールをどうぞ)

中国輸入転売を知らない人のために、どんなことをやるのか簡単に説明すると、全体像としては次のような工程があります。

  1. 販売する商品をリサーチ
  2. 中国のネットや業者経由で仕入れ商品を探す
  3. 中国の業者から仕入れる
  4. 仕入れた商品をまとめて日本に発送
  5. 日本で通関・荷受け
  6. Amazonの倉庫に送る
  7. 商品出品(販売開始)
  8. 受注
  9. 商品発送

どうですか? 転売と言っても、輸入貿易販売ですからかなり大掛かりな感じがしますよね。
このうち、私が自分自身でやってたのはどれだと思いますか?

「さすがに、中国から日本への発送はしてないよなw」

もちろん!日本在住の普通のサラリーマンでしたので。

中国輸入転売

他にはどうでしょうか?



答えは

上記のどれもやってませんでした。

外注先は主に5種類

  • 日本人外注スタッフ
  • 中国人外注スタッフ
  • 中国の代行業者
  • 運送・通関業者
  • AMAZON

「え、それじゃ何もやってなかったのかよw」

そう言われそうですが、戦略、外注コントロールと、上記の工程以外の管理業務(仕入れ商品の決定、商材開発、仕入れ資金や在庫数の管理など)は自分でやってましたよ。

個人が副業でやっていても、企業の輸入販売に近い工程があるのです。
外注スタッフを活用したのは3工程だけなんですが、それだけでも自分でやるのは大変です。
中国語だって、まったく理解できませんし。

ちなみに、日本語が堪能な中国人はたくさんいるので、探すのは簡単ですよ。日本人と一緒に仕事をすることがステータスでもあったりしますので。
しかも、日本語検定1級のエリート学生とかでも、めちゃ安い単価で契約できます。

中国輸入転売って、実は外注を活用するノウハウでもあるんです。
私は外注活用ノウハウを教材や塾で学んでいたおかげで、アフィリエイトの外注化に対する抵抗は全くなかったです。

これ以上はこのブログに関係ない事なのでやめておきますが、私があなたに言いたいのは、

外注を活用すれば、自分の能力をはるかに上回る仕事でも、寝てる間に勝手に進む

ということです。

もちろん費用はかかりますよ。
でも、自分がやることを考えれば安いものです。

仮にあなたが、副業やお小遣い稼ぎのためにアフィリエイトを実践したり考えているとしても、

お金を稼ぐこと = 事業

だと思ってみてください。
そうであれば、あなたはその事業の経営者です。

経営者が自らやるべきこと、つまり事業戦略や方向性を考えることやお金の管理以外は、スタッフに任せるのって、おかしなことではありませんよね。

ここまで読んできて、どう感じましたでしょうか。

「いやいや、自分はまだ外注化するようなレベルじゃないし」

そんな声が聞こえてきそうですが、初心者でもアフィリエイトで外注を活用できるノウハウがあったら

・・・気になりますよね。

私にとっては、アフィリエイトに転向した今も、外注化は欠かすことのできない重要な戦略になっています。
むしろ初期から外注化を取り入れたからこそ、うまくいったと思っています。

アフィリエイトのために毎日の作業時間を確保してコツコツやるってホント大変です。
働きざかりのサラリーマンや、小さなお子さんがいる主婦なら、なおさらだと思います。

外注募集の際に気を付けたいこと

先日、外注先としてメジャーなクラウドワークスで、ある意味衝撃的なものを見ましたw

クラウドワークスの仕事募集画面の下部に「この仕事の依頼内容に似ている仕事」というのが5件表示されるのですが、5件とも違うクライアント(仕事依頼側)で、募集タイトルがすべて同じというものです。

その募集タイトルが、【特典付き】フルオートメーションアドセンスパッケージのレビューの教材の募集文テンプレートそのものだったのです。

募集文の詳細は多少変更してあるようですが、応募する外注さん側から見たら違和感しかありませんよね。
募集が全くないわけではありませんが、集まりにくいのは確かです。

フルオートメーションアドセンスパッケージは、初心者がそのまま使えるテンプレートが付属というのも”売り”のひとつなので、気持ちは分かります。
私も以前は同じようなもんだったのでw

でも、最初は仕方ないかもしれませんが、もう少し考えた方が効果あるよと思ったわけです。

必要な人数が集まれば良いですが、そうでない時は、応募の多い募集タイトルをヒントに自分で考えたほうが良いですよ。

思考する

外注化は目的をハッキリさせておく

外注化の注意点として、次の2つは重要だと思っておいた方が良いです。

  • どの程度の成果を求めるのかハッキリさせておく
  • 外注スタッフに指示をできる程度に内容を把握しておく

記事作成の場合なら、記事品質や切り口、方向性をどこまで求めるのかということです。
そして、指示やマニュアルが的確でないと、なかなか思うような結果になりません。

ブログ記事の外注なら、とても使い物にならない記事が納品されてくるという意味です。

  1. あくまでたたき台で、自分で肉付けする前提
  2. 語尾や言い回しは多少手直しをする前提
  3. そのまま手直しすることなくブログに投稿できるレベル

初心者にありがちなのは、すべてお任せで3のような完成された記事が上がってくると思ってしまうこと。
このレベルを目指すには的確な指示とマニュアルが必要です。

キーワード、記事タイトル、見出し、はもちろん、切り口とペルソナ(具体的な読者層)を設定すると、かなり精度の高い記事になります。

ただし、これらは、あなた自身がある程度の記事作成の知識がないと難しいと思います。

まったくの初心者だったら、まず無理でしょう。マニュアルだって作れまなせん。

いや、充分な経験とスキルがあったとしてもマニュアル作成は面倒で時間のかかる作業です。
レビューもしてますが、外注化ノウハウでサクッと済ませましょう。

現在おすすめの外注化ノウハウはこちらです。
アドセンスブログに特化していますが、応用が効きます。
【特典付き】フルオートメーションアドセンスパッケージのレビュー


お問い合わせや相談は、いつでも気軽にメールください。

情報商材、アフィリエイト、ネットビジネス、脱サラ独立、スモール起業、などのお悩みやご相談も遠慮なくどうぞ。
下の[お問い合わせ]から送れます。

原則24時間以内にお返事しますが、事情により遅れる場合もあるかもしれません。
その際は、しばらくお待ちいただけたら幸いです。

お問い合わせ